滋賀の男性風俗求人は稼げる穴場

滋賀の男性風俗求人は稼げる穴場

風俗業界も大きく稼いでいるのは女性キャストではなくオーナーです。やはりどの業界であっても社長ではなくオーナーがその企業のトップなわけです。なので「店長」「社長」時には「会長」という肩書でさえ特に意味がない場合があります。風俗店となると女性キャストの取り分が大きそうなイメージがありますが、高くて半分と考えていいでしょう。なのでキャストに半分を渡しているお店は女性キャストからの人気が出るということになっています。そのオーナーは一般的にお店に出ることなどなく、事務所と言われるところで次の店舗開店のための策を練っているということになります。つまり役割分担がはっきりしているので雲上人と変わらない、ということです。オーナーが多くを持っていくのは風俗会では特に知られていることです。

風俗オーナーの努力

風俗のオーナーの中にも「自分だけ儲ければいい」と考えていない奇特な人もいます。たとえばある風俗店のオーナーは、「女の子からも搾取する」ということを考えません。できるだけ雇用を増やして風俗であっても働ける環境を整備しています。それは「女性キャストの取り分は50%」という高配分から始まり、店の回転率が悪くなる遅い時間帯に店を開けて女性キャストや男性スタッフが働けるようにしています。このような店の評判は業界内で伝わっていくものなので、スタッフやキャストが入りたいと申し出てくるようになります。そしてそういった対応のよさはお客さんにも伝わっていくので、結果店が繁盛していくという風俗らしからぬ好循環が生まれることになります。

そして生き馬の目を抜く風俗業界

風俗業界はどこを見てもやはり競争が非常に激しいことで知られています。風俗・エロサイトのどれであっても戦いが続きます。新規参入が多いことも特徴のひとつで、いつまでも群雄割拠が続くのが風俗業界だといえます。そして一極支配が長く続かないことも特徴です。かつてトップだったヌキナビもシティヘブンやぴゅあラバなどに逆転されることになりました。そしてシティヘブンもいつまで上位にいられるのかは分かりません。これはウェブ業界が常に進化していることと、新しいアイディアを持ってくる人がいるということが、変革をもたらしているということです。風俗業界は大きく儲けられる一方転落も早いということができます。風俗業界で生きていきたい人は、新しいアイディアとある程度の資金を持ってとりかかる必要があるといえます。