地方への出稼ぎ求人の体験談

出稼ぎ風俗体験談

出稼ぎバイトをしている私の過去

今はある求人情報サイトを見て地方都市のデリヘルで出稼ぎバイト嬢として働いている私。中学のときに望まれない形で初体験を迎えました。それは世間的にはレイプと呼んで良い程凄惨なものだったと思います。最初は嫌がりながらも段々と感じて、最後は声を上げて絶頂を迎えてしまった私に 「変態女」というあだ名が付けられました。街を歩いていても、学校にいても、 初体験の相手であるヤンキーの仲間や後輩が声をかけてきます。「変態女」「あのときのように俺にもやらせろよ」 ほぼ毎日そんな風に声をかけられました。無視したり断ったりしてもときには「あのことをばらすぞ」と言われ、服を脱がされたり、ペニスを舐めさせられたり、セックスを強要されたりしたのです。まさに田舎町特有と言って良い対応だったと思います。しかも夏の時期は女の子の露出も増え、 胸が大きく成長していた私は嫌でも目立ってしまいます。そのためその頃から高校卒業までの間に、多くの男の慰め物にされてきたのです。そして高校に進んでも胸だけは成長し続け、胸をもまれてきた結果 バストサイズはGカップに成長。顔は地味目でしたが、お腹は細くてくびれができ、お尻が大きいという男から見たら「いやらしい」「見ていてムラムラする」体系に育ってしまったのです。そんな苦い思い出があったため私は地元である田舎町を離れ首都圏に引っ越しました。でも現在は出稼ぎバイトとして地元とは違う地方都市で働いているのです。

求人サイトで出稼ぎバイトの存在を知る

今現在地方都市で出稼ぎバイト嬢として働いている私の昔話は続きます。高校のときも男子の慰め物となり、楽しい思い出が一切ない私。それに同級生の男子はもちろん、女子もみんな私がそういう女になっていることを知っていました。もしかしたら両親や兄弟も知っていたのかもしれません。そんな私は高校を卒業したら、とにかく違う土地でやり直そうと思いました。こんな地元にはいたくなかったからです。高校を卒業した私は関東首都圏の埼玉県でアルバイトをしながら一人暮らしを始めます。このときは希望に満ち溢れており将来風俗店で出稼ぎバイトをするようになるとは思いませんでした。でも状況はそこまで変わりませんでした。アルバイト先の男性は私の性格ではなく身体だけを見てきます。同僚や先輩にもよく関係を迫られたのです。そのため同僚の女性にも疎まれる存在となっていきました。それが嫌で何度か職場を変えたのですが、結局状況は何も変わりません。2年ほどでそんな環境がすっかり嫌になり私が住んでいた地元に帰ることを決意したこともあります。ただ両親や私を知っている人に会いたくないので結局は帰らないで首都圏に住み続けたのです。しかし次の仕事を探している矢先に見つけたのが風俗求人情報サイト。そこで他地域の出稼ぎバイトを募集しているお店が多いことを知り、現在働いている地方都市のデリヘル店の求人情報を見つけたのです。